50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

50歳で早期退職します サラリーマンの夫も49歳で退職 夫婦でセミリタイア

自宅一戸建ての不動産売買契約を締結しました

 

f:id:chestnutllove:20210501062730j:plain

 

 

2020年12月から

取り掛かってきた

自宅一戸建ての売却

 

 

やっとこさ

三井のリハウスさんの仲介で

自宅一戸建ての売買契約を締結しました〜

 

 

当然ですが

初めての経験ですので

ちょっと緊張して

店舗へ向かいました

 

 

 

売買契約時に必要なもの

 

  • 実印
  • 認印
  • 本人確認書類
  • 権利証
  • 仲介手数料
  • 印紙代

 

 

我が家の土地・建物は

夫婦の共同名義ですので

実印・認印・本人確認書類は各自用意しまいた

 

 

仲介手数料は2回に分けて支払う

 

仲介手数料は

私達から三井のリハウス

2回に分けて支払います

 

  • 1回目が今回の不動産売買契約時
  • 2回目が引き渡しが完了した時

 

になります

 

 

 

今回の支払いは

契約時に

 

 

買主さんが持参した

売主(私達)への手付金の一部

 

 

から

三井のリハウスへ支払いましたので

こちらで準備しなくても大丈夫でした

 

 

印紙代

 

契約書の貼付する印紙代として

三井のリハウスさんが用意してくれていて

 

10,000円

 

かかりましたが

こちらも

買主さんからいただいた手付金から支払いました

 

 

 

重要事項説明

 

 

重要事項説明は

 

 

国家資格を持った宅地建物取引主任者が行わないといけない

 

 

ことになっているので

リハウスの担当者の方が

 

 

宅地建物取引士証

 

 

を提示して説明が始まりました

 

 

契約にあたり

土地・建物の詳細や

中古ですので

多少の傷や不具合等もありますので

それも明確に記載されたものになります

 

 

それをふまえての契約となりますので

重要事項説明書は

2時間以上かけて説明を受けました

 

 

 

たくさんの書類・・

あとでひととおり目を通してくださいとのこと

 

 

f:id:chestnutllove:20210501132112j:plain

 

 

売買代金の支払

 

今回の不動産売買契約時に

売買代金の一部が手付金が支払われ

残金は

買主さんが

銀行の住宅ローンにより

引き渡しの時に

私達に支払うことになります

 

 

買主さんは

いちお

一度住宅ローンの申込みをして

審査が通っていますが

今回の物件購入について

新たに銀行の審査を通さなければなりません

 

 

その審査が通って

融資がOKになれば

あとは

引き渡しの日を決めて

所有権の移動や諸手続き

私達の住宅ローンを

売買代金で完済することになります

 

 

ですので

銀行が営業している

平日での手続きになります

 

 

引き渡しの日

 

買主さんに

私達が引き渡しをする日の期限があり

それまでに退去しなければなりません

 

 

相談の結果

買主さんの賃貸借契約の関係もあり

引き渡しまでの期間が短くなってしまい

けっこう日程がタイトになってきました

 

 

買主さんのローン申請が

もし通らなかったら

この契約は白紙に戻りますが

三井のリハウスの担当者の方も

 

 

一度審査が通っていますので

融資はまず心配はありません

 

 

 

とのことなので

私達も

引越し先を決めて良いことになります

 

 

期限があるので

移住先への住居探しは

やっぱり

即断即決しなければ!

な感じです

 

 

ひとつずつ

移住への道筋を

固めていきます〜

 

それでは〜