50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

自宅一戸建て売却完了!さようなら我が家〜買主さんへ引き渡し終了〜

 

 

f:id:chestnutllove:20210607154512j:plain

 

 

数カ月に渡って

自宅売却をすすめ

ようやく

買主さんへ

自宅の鍵一式をお渡しし

無事

 

 

自宅の引き渡しが済みました

 

 

 

 

自宅一戸建ての引渡立ち会い確認

 

自宅売却契約から

引き渡しまでの日程がタイトなため

最終的な

残金決済

物件の立ち会い確認が同日になりました

 

 

朝一番で

 

 

が我が家に集合し

契約の際に提示した

  • 物件状況等報告書
  • 設備表

をもとに確認を行いました

 

 

 

物件状況等の確認は

雨漏りや建物の傾きなどになりますが

これは当日に素人が判断するのは

厳しいですから

事前の審査で確認していると

考えていいようです

 

 

設備表は

簡単に言うと

例えば

エアコンや照明など

事前に残置していくものの確認や

動かすことのできない

ビルトインの食洗機や

インターホン等の確認などになります

 

 

確認後

不動産引渡確認証を

取り交わしました

 

f:id:chestnutllove:20210607205228j:plain

 

 

 

買主さんが融資を受ける銀行での手続き

 

 

自宅の確認は30分くらいで無事終わり

それから

買主さんが融資を受ける銀行へ移動しました

 

 

 

お金の流れとしては

まず

買主さんが銀行の住宅ローンの融資を受けて

いったん買主さんの口座に融資額が支払われます

 

 

 

銀行から (融資額) ⇒ 買主さんの銀行口座

 

 

 

そこから

物件の売却代金分が

買主さんから

私達の銀行口座に振り込まれる

といった流れで支払われました

 

 

買主さんの口座から(物件の売買代金)⇒ 私達の口座

 

 

同時に

売買代金と引き換えのような形で

我が家の鍵一式を

そこでお渡しました

 

 

 

また

同席した司法書士の方が

私達から買主さんへの

所有権の移転登記の処理を行い

私の住み慣れた家は

買主さん所有の物件になりました

 

 

私達の住宅ローン完済手続き

 

そして

先ほどの司法書士の方といっしょに

事前に手続きをした

住宅ローン全額繰り上げ返済の手続きと

抵当権抹消の処理のため

私達が住宅ローンを組んでいる銀行へ

 

 

vibrantactions.com

 

 

買主さんから振り込まれた

自宅売却代金から

住宅ローンの全額返済手続きを行い

融資の際に設定された

抵当権の抹消手続きで

晴れて

 

 

 

借金から開放〜!

 

 

 

 

昨年

2020年12月から取り組んできた

自宅売却も

ようやく片が付きました

 

 

さあ!

懸案事項が解決した

晴れ晴れとした気分で

新しいわが家

長野県へ戻りまーす

 

 

 

それでは〜