50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

自宅売却の最終段階 残金決済と自宅引渡の流れ

 

 

f:id:chestnutllove:20210527211809j:plain

 

 

夫婦でセミリタイア生活に入り

自宅を売却して

長野移住に向けて

様々なことをすすめています

 

 

いよいよ

自宅売却の最終段階が

近づいてきて

準備をしています

 

 

 

自宅売却代金の残金決済

  

先日

三井のリハウスさんの仲介で

自宅売却の

 

 

 

不動産売却契約書

 

 

 

を取り交わしてきました

 

 

その時に

売買代金の一部として

 

手付金

 

が支払われ

その残り分を

 

 

残金決済

 

 

 

として

買主さんが

銀行から住宅ローンの融資を受けて

売主である

私達に支払います

 

 

残金決済は買主さんが融資を受ける銀行で

 

自宅売却代金から

手付金を引いた額の

残金決済は

買主さんが融資

すなわち

住宅ローンを組む銀行で行われます

 

 

買主さんと

仲介の三井のリハウス担当者と

いっしょに

銀行に出向きます

 

 

所要時間は1時間くらいのようです 

 

 

 

残金決済に準備するもの
  • 実印
  • 認印
  • 残金を振り込み指定する銀行通帳
  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書
  • 登記識別情報通知

 

印鑑証明書は

私と夫くんの分を

役所に取りに行ってきました

 

 

 

自宅引渡

 

買主さんが融資を受けて

私達に残金が支払われ

そこで

 

 

自宅引渡

 

 

となります

 

 

家は持っていくわけにはいきませんので

 

 

 

鍵一式

 

 

 

を持参することになっています

 

 

家の付属設備の

取説などは自宅に置いておくことになっています

 

 

 

抵当権の抹消手続き代金

 

私の自宅は

住宅ローンでを組んで購入していますので

 

 

 

抵当権が設定

 

 

 

されています

 

 

 

今回の残金決済が執行され

私達が自宅を売却した代金で

抵当権のついている自宅のローンを完済し

決済と同時に

 

 

抵当権抹消の手続き

 

 

 

を行うことになります

 

 

私の自宅には

3件の債権があります

 

  • 土地(夫名義)
  • 建物(夫名義)
  • 建物(私名義)

 

 

債権1件につき

経費として

12,000円

がかかるので

全部で

 

36,000円

 

その他に

郵送料と消費税で

 

抵当権抹消の経費として

 

 

 

合計 39,520円

 

 

 

がかかります

 

ちゃりーーん!

 

 

なんだかんだと

手数料かかりますね〜

 

 

 

 

初めてのことですので

戸惑うこともたくさんありますが

着実に

ひとつひとつ

こなしていきます

 

 

いよいよ〜です

 

 

 

それでは〜