50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

50歳で早期退職しまた サラリーマンの夫も49歳で退職 夫婦でセミリタイア

地方移住の心配ごと〜難病指定の好酸球性副鼻腔炎の治療

 

f:id:chestnutllove:20210608211815j:plain

 

 

長野県への地方移住を検討していく中で

気がかりなことの一つが

 

 

 

持病の治療

 

 

 

についてでした

 

 

夫くんは

難病指定の

 

 

好酸球副鼻腔炎

 

 

の治療のため

定期的に大学病院に通院していまして

今後どうするか

検討してきました

 

 

好酸球副鼻腔炎とは

 

 

あまり知られていない病気ですが

いわゆる

 

 

副鼻腔炎(ちくのう症)

 

 

の難治性の慢性副鼻腔炎のことです

 

夫くんは

16年ほど前に

副鼻腔炎の手術をしましたが

再発してしまいました

 

 

その後

再度検査をしたところ

従来の副鼻腔炎ではなく

体内の好酸球(白血球の一種)が増加して

異常な炎症を起こしてしまう

原因不明の

好酸球副鼻腔炎だと

診断されました

 

 

大学病院の担当ドクターと相談

 

地方移住前の

最後の診察に

大学病院に行ってきました

 

 

 

本来であれば

大学病院で治療を受け

ある程度症状が安定した場合

いわゆる

かかりつけ医

となるべき

自分の身近な病院へ通院するのが

一般的です

 

 

ですので

例えば処方箋なども

大学病院では

なかなか長期分は

出してもらえないことが多いようです

 

 

今までの診療の際

何度か

担当ドクターに

ぶっちゃけ

地方移住する話などをして

相談してきました

 

 

そうすることで

今回は

3ヶ月処方を出してもらい

次回の3ヶ月後に予約を取り

今のドクターの診察を

受け続けることができるようになりました

 

 

親兄弟もいる地元ですので

定期的に来るつもりでいましたので

このまま

同じ病院・同じドクターから

治療を受けることができて

本当に安心しました

 

 

 

寒い地域は喘息の発作が出やすい

 

 

田舎育ちの健康な私とは違って

夫くんは

本人曰く

 

温室育ちだもの〜

 

 

だそうで

 

 

喘息持ち

 

 

でもあります

 

 

小児喘息ではなく

大人になってから発症しました

 

 

 

こちらも

通院しているドクターには

長野県への移住の話をしたところ

 

 

  • 寒暖差が大きい
  • 朝晩の冷え込みが強い

 

 

ことによる

 

 

喘息の発作が出る可能性が高まる

 

 

ので

注意するように言われ

吸入ステロイド剤も

普段より強めなものを

処方してもらいました

 

 

こちらは

地元の病院に通院していたので

移住先で

呼吸器専門の病院が見つかれば

そちらに転院しようと考えています

 

 

f:id:chestnutllove:20210608215632j:plain

 

 

自宅売却手続きと

大学病院の予約診療を終え

一段落して

移住先の長野の蓼科へ〜

 

 

まったくの不安材料のない

新しいチャレンジはないはずです

 

 

なんとかなるなる!

ポジティブにいくわよ〜!

 

を合言葉にやっていきます☆

 

 

それでは〜