50歳で公務員を退職 私のセミリタイア 夫婦でFIREして地方移住

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

小説8050「父さんと死のう」から自分の中学時代のいじめを思い出しました

 

 

f:id:chestnutllove:20211207150308j:plain

 

 

林真理子氏の著書

 

 

 

小説8050

 

 

 

を読みました

 

 

 

 

8050の表題は

引きこもりの

8050問題

をテーマにしています

 

 

 

8050問題とは

子供の引きこもりが長期化し

親が80歳

子供が50歳

の時期まで社会とつながることができず

引きこもりの当事者が高齢化している問題です

 

 

 

 

テーマは

8050問題ですが

その引き金となったのは

いじめ

です

 

 

 

どんないじめを受けていたのか

どんどん

明らかになっていき

20歳の息子と

それを取り巻く両親・姉の

それぞれの立場の

辛さや苦しさが

ありありと伝わってきます

 

 

 

読む進むにつれて

この子はどうなるのか?

引きこもりから立ち直れるのか?

とクライマックスが悲しい結果になってほしくない

どうか

どうか

この子だけでなく

親御さんにも明るい未来になって欲しいと

そればかり考えていました

 

 

f:id:chestnutllove:20211209101706j:plain

 

 

 

父さんと死のう

の帯から

いじめと父親がクロスした時

私の中学校時代を思い出しました

 

 

 

中学3年生の夏

私は剣道部で

8月末まで試合が続き

それから

高校受験のためのスタートを切ったわけで

出足が遅れてしまい

母親が噂で聞いてきた

隣町の個人でやっている

生徒が20人もいない

小さな学習塾に初めて入りました

 

 

 

私のほかは

みんな違う中学校の生徒でした

 

 

剣道部で男子といっしょに

ガンガン稽古しているせいか

男子に対して特に意識することは全く無く

また

男の子と間違われるくらい

短髪で女っぽくなかったので

男子の中に私一人でいても

なんとも思わず

あっという間に男子とは仲良くなりました

 

 

 

また

私の成績も

小さな塾だったので

上位にすぐに入っていきました

 

 

 

そんなことが積み重なり

突然やってきた

異分子の私は

多分

女子の中で目障りだったのでしょう

無視されたり

陰口を叩かれたりしました

 

 

 

週に数回の塾でも

私は耐えられなくなり

母に

塾をやめたい

と言いました

 

 

 

両親からしたら

やっと成績も上がってきた時期に

塾をやめさせたくないと思っただろうと

今は思います

 

 

でも

父は

俺が言ってきてやる

と言ってくれて

塾を辞めることになり

父と母と私の

三人で塾の先生の元へ行きました

 

 

私は一人

車の中で待ち

父と母が塾の先生のところへ向かう

二人の並んだ後ろ姿を

鮮明に覚えています

 

 

 

先生と両親が相談した結果

試験の時期も近づいてきているので

塾のクラスを成績で2つに分けて

別々の日に行うことにし

それならば

私を嫌う女子とは会わずに済むから

それでどうだ?

続けてみるか?

ということになり

私は塾をやめずに済み

第一志望の高校に合格することができました

 

 

 

父には

「おはよう」

なんて言ったら怒られます

「おはようございます」

って言わなければならない

昭和の頑固じじいみたいな怖い人でした

 

 

 

私のことなんて

なんとも思ってないと信じてたくらい

愛情も感じることはできなかった

 

 

 

でも

塾の一件は

私が初めて

父は

私の事を考えてくれる

味方になってくれる

と感じた

苦々しいながらも

非常に忘れられない思い出となりました

 

 

 

 

そういえば

高校受験の合格発表の日

友達はみんな

親の車で合格結果を見に行っていましたが

私はひとり

自転車で駅まで行き

電車で結果を見に行きました

 

 

 

それを聞いた

父の姉は

 

もしRitaちゃんが落ちて一人で悲しんでたらどうすんの!

なんで連れて行ってあげないの!

 

と怒ってくれたそうですが

父いわく

 

 

子供じゃないんだ

ひとりで行ける

なんかあったって

大丈夫だ

 

 

と言ったそうです

 

 

 

父らしいな・・

今思い出しても

そう思います

 

 

 

苦手だった父も

その厳しさは

私が強く生きていくためだったんだなと

自分が大人になるにつれて

分かるようになってきました

 

 

 

おかげで

ちょっと

可愛げのない強い女になっちゃったよ〜

お父さん〜

 

 

 

ブックレビューのつもりが

自分の思い出話になっちゃいましたね

 

 

それでは〜