50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

セミリタイア生活でも1日は1440分!お金も時間も貴重な財産だから大切に管理

 

 

f:id:chestnutllove:20210728100143j:plain

 

 

セミリタイア生活に入ってから

毎日

自由に

好きなことをして暮らしています 

 

 

 

時間に余裕ができたと思いきや

1日の時間は

普遍の24時間です

 

 

 

でも

だからこそ

お金と同様

 

 

 

 

貴重な時間を大切にしたい

 

 

 

 

時間・・

ちょっと思い出して

まだ仕事をしていた時に読んだ本を

Kindleで読み返しました

 

 

 

有意義に使いたい!1日は1440分!

 

 

ケビン・クルーズ氏の著書

 

 

 

1440分の使い方ー成功者たちの時間管理15の秘訣

 

 

 

 

 

 

 

1日は

 

 

60分✕24時間=1440分 

 

 

そう思うと

1日って案外短い気がします

 

 

 

本書では

1日は1440分しかないから

限られた時間の中で

いかに有効に時間管理をするべきかについて

15の秘訣を学ぶことができます

 

 

 

働いていた時は自由時間360分

 

勤務していた頃の平日は

基本ベースで必要な時間は

 

 

 

合計18時間=1080分

 

 

これがまず最低限必要な時間

 

 

 

1日は1440分ですから

 

1440分ー1080分=360分

 

 

1日のうち自由になるのは

わずか

 

 

360分

 

 

時間でいうと6時間なんですよね

 

 

 

この中で

食事や入浴・身支度などを入れると

本当に自分の時間なんてありません・・

 

 

 

逆に

それしか時間がないんだ!

と割り切ることができました

 

 

 

本書で学んだことで

意識していたことは

 

 

 

  • 優先順位をつける
  • 一度しか触らないルール(5分以内で終わることはすぐに済ませる)
  • エネルギーは健康から(睡眠の重要性)

 

 

 

の3つです

 

 

他の自己啓発本でも

よく指摘される点ですが

1440分という

限られた時間のリミットを意識すると

より効率的に

家事や日常の細々したことを

サクサクこなしていき

自分の時間の確保に

気を配るようになった気がします

 

 

 

セミリタイア生活でも時間は貴重品

 

 

セミリタイア生活に入ってからも

仕事をしていても

時間は取り返せない貴重な財産

 

 

 

 

上記の本の中で著者は

 

 

 

 

時間は最も貴重かつ最も希少な資源

 

 

 

 

と述べています

 

 

 

 

お金の気を配る人が多い中

 

多くの人が時間に無頓着なことが多い

 

 

 

 

とも指摘しています

 

 

 

退職してから

お金の管理はもちろんですが

 

 

 

 

他人に自分の時間を奪われない貴重な時間

 

 

 

 

を無駄にしたくないないと

改めて思いました〜

 

 

 

それでは〜