50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

骨密度は優秀☆49歳で「若人成人の平均骨密度の118%」

f:id:chestnutllove:20210228194319j:plain

 

49歳で受けた骨密度検査
 
若人成人(20〜44歳)の平均骨密度の118%
 
の結果でした
良かった〜
20〜44歳の平均より高いって
ちょっと嬉しい☆☆
 
また同年代の平均値の125%は高いので
「骨密度優秀です!」
と太鼓判を押されました☆
 

気になる骨密度

骨密度は若い時から気になっていた数値で
自分の数値を知りたいと思い
38歳の時に初めて病院で骨密度検査を受けました
骨密度が低いと骨粗鬆症になり
骨のもろさから骨折して歩行困難になったり
あるいは背中が曲がってくることに漠然と不安を感じていました 
今回の結果は
50歳の節目検診の人間ドックで
久しぶりに骨密度検査を受けた結果です

骨密度の測定方法

骨密度の測定方法はいくつかありますが
私は全部で6回測定
  • X 線を使ったもの〜前腕を使用し、内科・整形外科等
  • 超音波によるもの〜かかとの骨で測定し、病院以外の施設で検査
で測定したことがあります
今回の人間ドックでは
X線を使って測定
をしたので
今までの検査の中で
この測定方法の結果で比較してみたいと思います

骨密度の推移

  • 【38歳の時

 

f:id:chestnutllove:20210511191154j:plain

 

 
  • 【40歳の時】

 

f:id:chestnutllove:20210511191353j:plain

 

 

 
  • 【49歳の時】今回の結果

 

f:id:chestnutllove:20210511191417j:plain

 
 
 
 
 
同年代の平均骨密度と比較して125%
 
でもね〜
骨密度の数値は案外良いのですが
骨密度(カルシウム量)が
0.798 → 0.783 → 0.764 
と毎回少しずつ減っていますね・・・
ちょっとショック
やっぱり気をつけなくちゃ 

骨密度は20代がピーク

骨密度は20代をピークにだんだん低下していくのです
そのため、どれだけ若い時に骨を育てるかが大事ですが
今さら言われても・・・になりますよね 
ですから

現在の骨密度をいかに維持して
減らさないようにするかが肝心です 
また、女性は閉経時にホルモンバランスが崩れて
骨密度が大幅に低下するので
50歳前後で数値が大きく落ち込む可能性があります
私もこの穏やかな骨密度の減少が
一気にガクン!とくるかもしれないので
気をつけていこうと思います
私が心がけていることを挙げてみます

骨を強くするため 運動

骨は負荷がかかるとその負荷に応じて骨自身を強くするので
適度な運動が必要ですね。
私は日々の通勤等で毎日1万歩ほど歩いていて
土日はウォーキングを習慣にしています 
体を動かすことで骨の血流がよくなるため
新しい骨をつくる働きをもつ『骨芽細胞』の働きが活発になることで
骨がつくられやすくなり骨密度を高めることができます。

骨を強くするため 食事

積極的に取りたいもの
①骨の材料となる「カルシウム」
魚、切り干し大根、小松菜
豆、蒸しエビ、納豆
をよく食べています
②カルシウムの吸収率を高める「ビタミン D」 
お魚、しいたけ などから摂取。
ビタミンDは近年研究が進み
健康に対する様々な効用があることが明らかになってきていて
特に私が注目しているのが
体内の脂質量を抑制する効果があること
です
これってすっごく大事ですよね☆
 
ビタミン D はなかなか取りにくいので
私はサプリメントを飲んでいます
③骨の形成を促す「ビタミンK」
野菜、発酵食品、納豆、塩麹 から摂取。
また、骨を作るためにはたんぱく質も必要ですし
特定の食品に偏らず
いろんな食材からバランスよく食べなくちゃいけませんね

骨をつよくするため 日光浴

太陽の光を浴びると、体内でビタミンDがつくられるので
紫外線による光老化が気になりますが、適度な日光浴は大切ですね
これは日々の生活では
通勤は朝か夕方なのでちょっと不十分かなと思います
土日のウォーキングは良い日光浴になるので
続けたいと思います

生活の質(QOL)を低下させないために

骨密度の低下に伴う骨粗しょう症により
ちょっとしたことで骨折しやすくなってしまいます
そして骨折は、自由で自立した生活を変貌させ
生活の質(QOL)を著しく低下させるきっかけになることがあります。
骨折から介護へとつながってしまうという
極端な話、寿命を縮める要因にもなることも少なくありません
自分の年齢を考え
食べ物や運動を意識していこうと思います
 
それでは〜