50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

50歳からの普通二輪免許所得へ!! 卒検・・落ちました

 

f:id:chestnutllove:20210513201401j:plain

 

  

あーあ

 

普通二輪免許の

第2段階のみきわめを

よ〜やくいただきまして

とうとう

 

 

卒業検定!!!

 

 

にたどり着きましたが・・・

 

 

・・・・

 

 

残念ながら

落ちてしまいした

 

 

卒業検定の一発中止で落ちました

 

普通二輪免許の卒検は

自動車の卒検と同様

減点方式で

100点満点のところを

いろいろ減点されて

 

 

70点以上だと合格

 

 

なんですね

 

 

ですが

いくつか

検定の最中にやってしまうと

その時点で

検定が中止になる

 

 

一発中止

 

 

になる項目があり

私はそれをやってしまったので

検定を開始してから

 

 

わずか数分で検定が終わってしまいました

 

 

得意種目で失敗

 

スピードが出せない私は

苦手な方が多い

 

 

一本(直線狭路)

(長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチの直線路を通過する教習)

 

 

が意外に得意種目だったんです

 

 

 

普通二輪車

 

 

7秒以上かけて通過

 

 

しなければならないんです

 

大型二輪免許は

10秒以上かけて

通過しなければなりません

 

シャーっと早く走るのは

簡単ですもんね

 

 

 

私は

 

 

11秒

 

 

とか出しているらしく

教官に

 

 

一本橋は(だけは)大丈夫ですね

 

 

 

と言われるほど(笑)

 

 

 

大型狙ってますか??

 

 

なんて揶揄されてしまうのですが 

秒数をカウントする

電光掲示板があるのですが

見ている余裕がないので

見てないのです

 

いつも教官に

もっと早くてもいいと言われてました

 

 

 

今回は

ノロノロすぎて

その一本橋に乗った途端

落ちてしまって

試合終了ーーー!

 

 

検定を採点する教官の乗った車が

箱根駅伝みたいに

バイクに乗る私の後ろを

追尾していたのですが

後ろから

 

 

プッ!

 

 

とクラクションを鳴らされて

検定終了となりました

ちゃんちゃん

って感じ

 

 

卒検に再度チャレンジ

 

もう1時間

追加で教習を受けてから

卒検を申し込むことになります

 

 

1時間でも2時間でもいいんですよ〜

 

 

なんて言われちゃいましたけど

1時間練習して

再度

卒検受験するもんね!

 

 

検定をしてくれた教官は

 

 

一本橋までは

減点は無かったですよ

次回

がんばってくださいね

 

 

と言ってくださったので

気持ちを切り替えて

がんばります〜

 

 

それでは〜