50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

69歳のいとこが2型糖尿病で片足切断・・人生って幸せって・・を考えた一日

 

f:id:chestnutllove:20210707153529j:plain


 

 

69歳の独身の従兄弟が

2型糖尿病の合併症により

片足を切断したとの連絡があり

しんみりと

人生って

幸せって

について

考えてしまった一日でした

 

 

 

 

彼について

親戚曰く

 

 

 

棺桶に片足突っ込んでる状態

 

 

 

とは聞いていました

 

 

目もどうも見えなくなるらしい

とも聞いています

 

 

足を切断したあとは

自分の身の回りのこともできないので

ずっと

病院や施設で暮らしていくそうです

 

 

 

若い時に

2型糖尿病を発症した従兄弟

 

 

でも

病気に対しては何も対応せず

太り過ぎては入院し

退院してまたリバウンドを

繰り返していました



 

 
彼は

大学卒業後

弁護士を目指して

就職せず資格試験に

ずっとチャレンジし続けましたが

結局合格できず

 

 

 

一度も

アルバイトさえ

働いた経験がありません

 

 

ですので大学卒業後

22歳からずっと

リタイア生活のようなものですね

 

 


私の父はよく

 

 

試験に合格しなくちゃ食べていけない!

ような境遇じゃないと

弁護士になれないかもな・・

 

 

と従兄弟のことを心配していました

 

 

 

 

もう両親は亡くなりましたが

親が所有していた賃貸アパートを引き継ぎ

その収入がありますので

生活に困ったことはないんです

 

 


テレビ漬けで

お買い物はすべてネット通販

食事はアマゾンで購入

一歩も外に出ないで

生活できちゃうんですよ〜

 

 

 

唯一

まめに外に出なければいけないのは

 

 

 

 

ゴミ出し・・

 

 

 

 

でもその役割は

その従兄弟の弟が担っていました

 

 

 

その従兄弟に比べたら自分が・・

といった比較ではなく

人それぞれ

 

 

考え方

価値観

何に幸せを感じるのか

 

 

という基準が違うんだな

と改めて実感しました

 

 

私から見たら

なんで足を切断するまで

自分の体をなんとかしなかったんだろう

などと思います

 

 

 

自分の足を失い

視力を失っても

好きに食べ

動かず

ひたすら好き勝手に生きる

 

 

若い頃は

私の父といっしょに

大型バイクで疾走していたのになぁ

 

 

でも

それもそれでよし

 

 

もしかしたら

弁護士の夢を絶たれて

もう生きる気力がなく

自暴自棄なのかもしれません

 

 

 

そのあたりは

他人に分からないですもんね

 

 

 

従兄弟からしたら

数十年働いて

嫌な思いをしながら

ずっと働いてきて

やっと仕事から開放された私に

哀れみをもつかもしれませんしね

 

 

 

私は私

従兄弟は従兄弟

彼の生き方も尊重します

批判はしません

彼の人生ですもんね

 

 

私の生き方も

傍から見たら

は?

みたいなことがあったとしても

 

 

 

自分の選んだ道なら

それでいいんです

 

 

 

と思えばいい

批判されてもいい

と感じた一日でした

 

 

 

それでは〜