50歳で公務員を退職 私のセミリタイア

サラリーマンの夫と夫婦でセミリタイア 持ち家を売却し長野へ移住しました

【地方移住】ハローワークの求職活動実績判定の違い〜都会は行くだけVS地方は面談

 

 

f:id:chestnutllove:20210703151804j:plain

 

2021年2月に

早期退職した夫くん

 

地方移住したため

ハローワークの移管手続きを完了しました

 

vibrantactions.com

 

 

先日

移管後はじめて

地方のハローワークでの面談に行き

 

 

 

失業の状態にある

 

 

 

 

と失業認定を受け

無事

失業手当をいただけるようです

 

 

 

 

失業認定を受けるには

 

 

失業認定を受けるには

これは都会も地方も変わりなく

 

 

 

失業認定申告書

 

 

 

を作成します

 

f:id:chestnutllove:20210703161254j:plain

 

 

まずはじめに

認定を受けようとする期間中に

就職・就労・アルバイトなどの

 

 

収入を得たかどうかを申告します

 

 

収入を得ていない場合は

求職活動をしたかどうか

つまり

 

 

求職活動実績

 

 

が失業手当を受けるために必要になります

 

 

また

1回の失業認定申請期間は

おおむね1ヶ月くらいですが

その間に

 

 

 

2回以上求職活動実績

 

 

 

が必須です

 

 

求職活動実績

 

求職活動実績は

ハローワークに行って面談をしたり

セミナーに参加するなどが

ハローワークで認められることで

実績として認定されます

 

 

求職活動実績をしたことが認められると

雇用保険受給資格者証の裏面の

 

 

 

 

求職活動実績実績欄

 

 

 

 

ハローワーク

確認の押印をしてもらいます

 

 

きちんと

求職活動をしましたよ

という証明ですね

 

 

これが

都会と地方と

かなり違うなあという印象です

 

 

 

都会と地方の求職活動実績の判定の違い

 

都会といっても

ハローワークによって

状況は違うと思いますが

以前居住していた

人口100万人規模の都市のハローワークでは

ハローワークに行って

受付に雇用保険受給資格者証を出すと

もうそれで

 

 

 

求職活動実績に確認印を押印

 

 

 

されました

 

 

ですが

移住先のハローワーク

人口規模で

以前の20分の1なのですが

求職活動実績をして認められるのは

 

 

 

担当者と直接面談

 

 

 

した場合のみです

 

 

 

求人者数は

都会のほうが圧倒的に多いと思いますが

ハローワークの職員数などにより

対応はさまざまなのかなと思います

 

 

 

今後の求職活動の予定

 

 

今のところ

夫くんは

失業手当をもらいながら

のんびりする予定なので

ハローワークでの

求職活動実績を

月に2回

忘れずに積み上げていく予定です

 

 

元公務員の私には

失業手当はありません・・

 

ですので

唯一のお手当でございますので

しっかりいただきたい!

 

 

それでは〜